ライオンが実は犬【中国】

中国の動物園で、ライオンの檻に展示されていた動物が、実は犬だったというニュースに笑いました。

【上海・隅俊之】中国河南省漯河(るいか)市の動物園で、「ライオン」として展示されていた動物が実は大型犬の「チベタン・マスティフ」だったことが分かり、物議を醸している。ライオンなのに「ワンワン」とほえ始めたために発覚。担当者は「ライオンは繁殖のために外部に貸し出し中だった」と釈明したが、… http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130817-00000053-mai-cn

写真も掲載されていましたが、遠目に見ても、誰が見ても犬です。どうひっくり返っても、ライオンには見えない。担当者が「繁殖の為に貸し出し中」という理由も、ホントかウソか分かりませんね。

しかも、その犬は職員が知人から預かった飼い犬で、「危ないから空いてた檻に入れた」なんて、もし仮に全部本当だとしたら、ライオンの看板に、「ライオンは貸し出し中」と張り紙をするのが当然ですよね。

さすがに10億人以上人間が居ると、こういう変わった発想の人もいるもんですね。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

最近のピクチャ

  • ダブルクリームのセブンシュー
  • 肉の国 ローストビーフ
  • Zenfone3 パールホワイト
  • DAC-HA200 Android接続
  • DAC-HA200
  • 大仏サブレー
  • 2017年3月9日 朝日新聞 朝刊一面
  • b_seminar_02.jpg

サイト内検索

最近のコメント