エボラ出血熱・MERS・デング熱が怖い

エボラ出血熱がリベリアを中心に西アフリカで猛威を振るっているそうです。

エボラ熱感染、リベリアで数千人増も=WHOが能力限界を警告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140909-00000025-jij-int

リベリアがどういう国か分かりませんが、エボラ患者がタクシーやバイクタクシーで病院を探し回ってる光景は、想像するだけで恐ろしいです。ヨーロッパやアメリカなどの先進国だったら、エボラ患者というだけで隔離されるのに、そんな人達が溢れかえってる光景は、まさしく地獄ですね。

他に、サウジアラビアでは、致死率5割にもなるMERSコロナウィルスが流行しているそうです。イスラム教の巡礼月に入ると、爆発的に拡大する恐れがあるなんて言われています。

もう一つ、同じ土俵で語るべきじゃないかもしれませんが、日本のデング熱です。

東京在住者だけでなく、北海道から静岡まで日本全国で感染者が確認されています。罹患してる人が蚊に刺されると、その蚊を媒介して広がる恐れがあるようです。

デング熱では死なないでしょうが、エボラやMERSが世界的に流行したら、、、考えたくありませんね。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ