プロフェッショナルギアの銀は、万年筆を好きになり始めた2年前に買ったものです。

その当時は、この細さに感動し「万年筆だけど何にでも書ける!」と思って「やっぱり細字だよ」と思ってました。

それからしばらくして買ったのが、ペリカン スーベレーンM800のFで、最近買ったのがモンブラン マイステーシュテュック146のFです。

万年筆 試し書き

↑ご覧のように全然太さが違います。これでもM800とモンブランは細めに調整してもらっています。

今はこの太さが自分にとってベストの太さです。写真ではわかりにくいかもしれませんが、ペリカンよりモンブランの方が若干太いです。モンブランは中古で一度調整に出したんですが、まだほんの少し太さが安定しません。それでもモンブランの書き心地は最高です。

中古でいいので一度買ってみてはどうですか?

万年筆のペン先の好みは、時間とともに変わります。それが楽しいですね~。