DAC-HA200は結局ヤフオクで新たな持ち主の元へ旅立ちました。

Androidユーザーの私には元々向かない商品だったんだと思います。

というのも、AndroidスマホとDAC-HA200を接続すると、
スマホからDACに充電してしまうんです。

色々調べて、ケーブルを買い替えたりもしましたが、
やっぱり駄目で、USBの端子をセロテープで絶縁して
ようやく給電しないようになりました。

DAC-HA200 Android接続

私の場合、スマホの端子がUSB Type-Cだったから、
AタイプのUSBに変換するアダプタをかませて使ってました。

写真でいうと、スマホ→変換アダプタ→A端子 ここをセロテープで加工してました。

抜き差しするたびにセロテープが剥がれるし、
そんな風に使うのは不自然だと思ったのも売却した理由の一つです。

iPhoneのライトニングケーブルでDACのA端子と接続する場合は、
iPhoneからDACに給電するようなことはないようです。

だから、DAC-HA200はiPhoneユーザー向けだと思いました。
iPhoneは音質があんまりよくないという評ですし、DACを繋いで
使うメリットは大きいと思います。

Androidユーザーさんは他のDACにしましょう。

ポタアンとかDAC、ヘッドホンアンプとか厳密にどれに当たるのか分かりませんが、ONKYOのDAC-HA200という商品を買いました。

DAC-HA200

購入価格は2万円くらいです。

スマホで聴く音楽が、「こいつを通すと良くなる」というレビューがいっぱいだったので買いましたが、正直微妙でした。

きっと、イヤホンがしょぼいというのも大きいでしょうが、違いはなんとなく感じますが、2万円もの差があるか?というと「ん~???」と疑問符が付いちゃいます。

私の耳がしょぼいのかもしれませんけどね。

ヤフオクで売っ払おうと思ってます。早い方が高く売れますからね。いや~、オーディオって難しいわ。料理と一緒で完全に主観ですからね、、、客観的に数値で表現できないものは難しいです。やっぱり。

大仏サブレ―というお菓子を頂きました。正直「ん~?大仏サブレ?なに?大仏なのに東京なの?」という微妙な一印象でしたが、これが食べたら美味しくてびっくりしました。

大仏サブレー

まず、開けてサブレを取り出した時、「おっ、ザラメがサブレについてるの珍しいな」と思って、一口食べると「ん?なんか柑橘系の香りがするぞ!」とパッケージの原材料を見たらレモンと書いてありました。

このレモンが良いアクセントで、タダのサブレじゃない美味しさを演出してくれています。

ネットで調べると、東京の板橋区という場所の老舗菓子店の商品だそうです。なんで大仏なのかは分かりませんでしたが、味はすごく良くて、これまで食べた色んな●●サブレ―の中で、一位なのは間違いないです。

いや~、大仏サブレ―恐るべしです!

このページの上部へ

最近のピクチャ

  • DAC-HA200 Android接続
  • DAC-HA200
  • 大仏サブレー
  • 2017年3月9日 朝日新聞 朝刊一面
  • b_seminar_02.jpg
  • Creative Inspire T10 R3
  • 十勝川温泉第一ホテル ビュッフェ
  • zenfone3.jpg

サイト内検索

最近のコメント